ちょっと面白いワークショップを多数開催してます!東京都内のワークショップ アカデミー「レイクハウス」に来れば、様々なWorkShopに挑戦・参加できます!新大久保駅 徒歩2分!

レイクハウスワークショップアカデミー

ちょっと面白い総合ワークショプ!
他では見かけない変わったワークショップや、気軽に参加できるイベントを
多数開催してます!英語・ヨガを始め、演劇などのカルチャークラス♪
楽器の奏法などスキルUPクラスも盛りだくさん!!

0353861112

お問合せはこちら

他では見かけないワークショップがいっぱい

加藤紗耶香

市立宇都宮短期大学付属高等学校音楽科、私立東京音楽大学器楽専攻(ピアノ演奏家コース)卒業、同大学大学院器楽専攻 鍵盤楽器研究領域(伴奏)を終了。第9回PIARAピアノコンクール全国大会年齢無制限部門優秀賞。第14回ショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会銅賞など他多数の受賞歴を持つ。演奏法や発声法の研究の中で呼吸法の重要性を感じ、指揮者やコレペティトール、オペラ歌手の元で呼吸法を学ぶ。現在は その経験を活かし、ソロ・伴奏・室内楽ピアニスト、コレペティトール、ピアノ講師として活動している。

参加方法とお支払いについて

当プログラムは予約制となっております。お客様のご予約確認後、
スタッフより「お支払い」の詳細をメールにてお送りいたします。
メールに記載されている「クレジット支払い専用ページ」にて手続きが
完了すると正式予約となります。
なおご予約後、2日過ぎても返事が無い場合はお手数ですが、
レイクハウスまでご連絡ください。

キャンセル料について

  • ご予約後のキャンセルは、開催日1週間前までとなります。
    (期日を過ぎてからの申請は、いかなる場合も
    ご返金不可となります。予めご了承ください。)
  • 主催者側の都合で中止になった場合には、料金は
    全額返金いたします。

キャンセルポリシーの詳細はこちら
※事前に必ずご確認ください。

音が変わる呼吸法

その他,音楽

当日の内容

・声楽の呼吸法
大抵の器楽奏者は声楽に対する理解が足りず、それが自らの奏法に少なからず影響を与えていることがあります。

・器楽・ピアノの呼吸法
吸ったらいい音が出るのでなく、息を吐いた方がいい音がでます。⇨重心が下がり、脱力ができるため。
逆にアウフタクトなどは吸った方が、浮遊感があり拍子を感じやすくするメリットも。
声楽や吹く楽器のように呼吸の仕方が一定…吸ったものを吐いて音を出すとは限らず、曲によって 自分の求める音によって呼吸を変えることが大切なんです。

・呼吸と脱力の関係性
息を吸い止めると筋肉が固まるのと、息を吐き出すと徐々に体が緩むのが良い例です。
日頃から脱力ができれば、練習ですぐ疲れてしまったり 手を痛めてしまったりは低減します。さらに、余計な力で締め付けないことで、指先も自由になっていきますし、音も柔らかく澄んでいきます。

・緊張した時の呼吸法とは
緊張して息が浅くなると、酸素を吸いすぎて頭が真っ白になったり指先がしびれたりします。吐くように意識すること、息の流れに音が乗るイメージが大切。
日頃から息の流れを感じ演奏していれば、リスクを低減。また、緊張した時のおまじない、解消・リラックス法にも。

こちらは触りの部分のみになりますので、当日はこちらに基づいて、深く掘り下げて行います。音に悩みがある方、呼吸で改善されるかもしれません!お気軽にご参加下さい!

開催日時
  • 2017年09月06日19:00〜
空席状況 受付終了 (定員20名)
対象 一般
参加費 2,700円(税込)
参加条件 楽器を演奏される方、歌われる方、ほか興味のある方
備考

会場までのアクセス

会場 レイクハウス内 レイクホール
東京都新宿区百人町1-11-29 ARSビル2F
レイクハウスワークショップアカデミー

他のワークショップを探す